日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。
展示品・コメントを登録するには会員登録が必要です。

現在の登録件数

3159

写真は全て北九州市時と風の博物館への投稿作品です。

ユネスコ無形文化遺産登録・国指定重要無形民俗文化財
『戸畑祇園大山笠行事』

 戸畑祇園大山笠行事は国の重要無形民俗文化財に指定されており、
博多祇園山笠、小倉祇園太鼓とともに福岡県の夏の三大祭りと称され、
平成28年には、ユネスコ無形文化遺産に登録されました。

210年を越える歴史を誇り、昼は4基の大山笠が古式ゆかしく12本の大幟を立て、練り歩きます。
夜になると、大幟などの装飾を取り払って、12段、309個の提灯を重ねた光のピラミッド(提灯大山笠)に姿を変えます。
『ヨイトサ、ヨイトサ』のかけ声とともに進んでいく姿は圧巻です。

※戸畑祇園の「祇」という文字は、正式には「ネ氏」ですが、OSにインストールされているフォントにより偏が「ネ」「示」と変わることがあります。

2017年 戸畑祇園大山笠 開催情報

日程 7月1日から第4日曜日まで。
主な行事 ・7月1日(土曜日) 戸畑祇園合同安全祈願祭(飛幡八幡宮)
・7月16日(日曜日) 戸畑祇園ばやし研究競演会(ウェルとばた)
・7月21日(金曜日)から23日(日曜日) 戸畑祇園大山笠運行
・7月22日(土曜日) 戸畑祇園大山笠競演会(戸畑区役所前、浅生1号公園一帯)
問い合わせ先 戸畑祇園大山笠振興会事務局
〒804-8510 北九州市戸畑区千防一丁目1番1号(戸畑区役所総務企画課内)
電話:093-871-1501(内線)263
戸畑祇園大山笠公式ホームページ(外部リンク)

戸畑祇園大山笠の由来

  祇園祭という行事は、その起源を遠く平安時代の京都にまでさかのぼります。貞観11年(869年)、都に疫病が流行した折、人々は、その原因が疫神や怨霊の仕業に違いないと信じ、この平癒を神に祈願したのが事の起こりといわれています。

 戸畑の祇園は、江戸時代後期に始まりました。
飛幡八幡宮記録によれば、享和2年(1802年)、戸畑村に疫病が蔓延し、村人が非常に苦しんでいましたので、ご祭神・須賀大神に平癒祈願をおこなったところ、ようやく終息しました。そこで、享和3年(1803年)7月、お礼に山笠をつくり神社に奉納したとあります。

 須賀大神が、旧戸畑村の八幡神社(東大山笠・西小山笠)と菅原神社(天籟寺大山笠)、旧中原村の中原八幡宮(中原大山笠)に祀られていた関係で、4基の山笠が伝統を守っています。

※戸畑祇園の「祇」という文字は、正式には「ネ氏」ですが、OSにインストールされているフォントにより偏が「ネ」「示」と変わることがあります。

時と風の博物館に投稿する 〉

「時と風の博物館」への投稿作品

「北九州市 時と風の博物館」事務局
北九州市 企画調整局 地方創生推進室
803-8501 福岡県北九州市小倉北区城内1番1号
TEL:093-582-2174 FAX:093-582-2176
© Kitakyushu Toki to Kaze no Hakubutsukan.