日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。
展示品・コメントを登録するには会員登録が必要です。

現在の登録件数

3159

景観・まちなみのこと

近代化遺産・宮本武蔵と佐々木小次郎が眠る軍事遺産・手向山

北九州市小倉北区の手向山。
ここには、明治から昭和にかけての重要な軍事遺産が
残るとともに、宮本武蔵と佐々木小次郎の碑も建設されている。
この手向山は、江戸時代、代々小倉藩の家老だった宮本家
が、藩主から拝領していた。
明治になって、手向山(当時は、田向山)一帯を陸軍が接収、
戦争による敵艦隊の来襲を予想し、関門海峡防備のために
山頂東側に砲台を構築した。4号倉庫の上部に「明治20年
9月起工、同21年竣工」とあり砲台の設置は、明治21年。
大砲の設置は、同24年である。
砲台は、1砲座に24cm臼砲を配備、合計6砲座を設置した。
右の4砲座は、直線に、左の2砲座は、やや内側に折れた
「折線砲列」になっていた。各砲座は、山の斜面を削って
すり鉢状にしていた。
砲座からは、関門海峡が見えないので、砲台両端から100m
離れた場所に観測所を設置し、位置や距離を確認し、砲座と連絡
する仕組みになっていた。しかし、砲台は、実践に使われること
はなかった。
佐々木小次郎の碑は、村上元三が新聞連載小説「佐々木小次郎」の完成を記念して、旧小倉市(現北九州市小倉北区)に寄贈したものです。谷口吉郎の設計で、昭和26年に建てられた。碑には元三の句「小次郎の 眉涼しけれ つばくらめ」が刻まれている。
佐々木小次郎については、隣の宮本武蔵の碑に「兵術達人名岩流」と
刻まれていますが、ほかに資料がなく、よく分かっていない。
武蔵との仕合があったといわれる4月13日に近い日曜日に毎年、
碑前で、武蔵小次郎まつりがおこなわれている。
武蔵の碑は、武蔵の養子、宮本伊織が、建立したものである。伊織が
播州(兵庫県)明石の藩主であった小笠原忠真に仕えたのは、寛永
3年。15才のときで、同9年小笠原氏が小倉に入国したときには、若くして知行2500石の家老であった。
武蔵は、数年間小倉に在住したと伝えられるが、寛永17年には、熊本
に移り、正保2年(1645)5月19日に没した。
碑は、伊織が、忠真から拝領した手向山に、養父武蔵をしのんで、
1654年4月19日に建てたもので、古くから北九州地方第1の名碑と
うたわれている。剣豪の生涯の事跡を伝える碑文は、武蔵と交友のあった熊本、泰勝寺の春山和尚が記したものである。
「趣味悠々 園芸と日記と写真館Ⅱ」
http://heiji303.blog21.fc2.com/より引用抜粋
62感動!
70面白い
84役立つ

コメント

手向山砲台は、来るべき日清戦争のための準備の一環でした。

ちょうどこのころ、小倉と門司に鉄道も開通したのですが、
軍部が関門海峡沿いに線路を敷設することを防衛上の問題ありとして
強硬に反対したとの話が残っています。

関門河豚太郎 さん [ 2013-11-09 ]