日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。
展示品・コメントを登録するには会員登録が必要です。

現在の登録件数

3155

景観・まちなみのこと

路面電車

門司区の門司港地区に展示されている路面電車を撮影しました。
通りがかりで、路面電車の姿が目に入り、びっくりしました。
こんな場所に、いつから展示されたのか、知りませんでした・・。
その場所とは、駐車場の中です。
車体の色は、はだ色とあずき色で、
西鉄北九州線(北方線も同様)のイメージカラー?でした。
過去、市内で広く普及したこの路面電車は“電車”と呼ばれ、
その一方、蒸気機関車から電気機関車、電気車両へと進化を遂げた
当時の国鉄電車は、電化された電車なのに、
このまちでは、多くの方から“汽車”と呼ばれていたような気がします・・。
~ ワンマン(ボギー車)100型(現地看板より) ~
昭和15年11月、新しく制作された10台のうちの1台です。
流線型が採用され、前照灯が上部に埋め込まれていましたが、
昭和36年、現在のように改造されました。
また、昭和46年、初めてドアを自動化しました。
昭和60年10月、西鉄北九州線の一部廃止にともない
100型車はすべて引退しました。
寄贈 北九州小倉南ライオンズクラブ 西日本鉄道株式会社
114感動!
107面白い
90役立つ

コメント

この車両は、廃線後、
砂津車庫からモノレールの企救丘駅近くの
交通科学館の前に展示していました。
そのときは、廃止直前の赤色のボディでした。

2004年に同館が閉館になったのちも展示されていましたが、
痛みがひどくなり、2010年に門司港にやってきました。
このときに、前の前の色であるこのチョコレート色にもどったのです。

ちなみに、昭和53年ごろは、
オレンジ色でしたよ。
  • 開業1年目の桟橋通電停 建物は平井屋 左奥に住友銀行門司支店が見える。明治45年は7月29日までで、30日から大正が始まります。

関門河豚太郎 さん [ 2013-11-21 ]

確かに中には入れればなお嬉しいですね。ノスタルジーに浸れそうです(笑)
屋根付きのほうがいいですねかね。潮風で傷むかもです。

shimojono さん [ 2013-07-12 ]

私も行きたいと思います、車内に入れるともっと良いのですが。

戸畑音頭 さん [ 2013-07-12 ]

 これはいいですね。私も見に行きます。
 本当に懐かしいですね。

幸ちゃん さん [ 2013-07-12 ]