日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。
展示品・コメントを登録するには会員登録が必要です。

現在の登録件数

3198

景観・まちなみのこと

洞海湾の工場

洞海湾を前にする工場の姿を撮影しました。
夕方の明るい時間帯に
JR黒崎駅の北口から、歩いてみることにし、
左上に黒崎バイパス、右手に大きな工場群がある歩道を
道に沿ってずっと歩くと、
洞海湾の根っこのような部分にある本城橋を渡ったころ、
皿倉山が見え始め、そのまま湾岸沿いを行くと、
高い煙突と工場が見えました。
この時点では、とくになんら大きな変化はありませんでしたが、
日の入りが早くなったこの頃、午後6時半を過ぎると、
あたりは暗くなり、少しずつ外灯の光が目立ちはじめました。
でもなんだか、頭で想像していた印象と違い、
ぱっとしない感じがしたので・・、
そのまま、そこに居ることにすると、
午後7時を過ぎたころ
ほとんど、周囲は暗闇につつまれ、
皿倉山山頂に“50”の灯りがかがやき、
気がつくと、工場群は、白い外灯に包まれていました・・。
頭の中では、工場夜景が焼き付いていたにもかかわらず、
現地到着時間がやや早かったため、
思い描いた風景と違い、“あれっ”と感じてしまったようです。
けれども、期待通りの工場夜景を楽しむことができたので、
結果、大満足でした・・。
ところが、帰り際に気になったことがあり、
工場夜景とともに映った皿倉山の“50”って、
いつか消えてしまうのかな・・
なんだかさみしい・・。
今だけしか見ることができないこの夜景・・。
そう思うと、しっかりと目に焼き付けたくなりました。
77感動!
79面白い
81役立つ