日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。
展示品・コメントを登録するには会員登録が必要です。

現在の登録件数

3183

景観・まちなみのこと

秋の朝(新門司北地区)

門司区の新門司北にある周防灘に面する埠頭から
秋の朝の姿を撮影しました。
現地に到着した午前5時、
深く黒い色に包まれた空と海の色は、
8月に訪れた時のものとは、まったく異なっていました。
岸壁に立つと、
沖を航行する船舶から、小さな灯りが届くとともに、
穏やかな風、押し寄せる波音が、ゆるやかに聞こえてきます。
上空に大きく広がっている薄い雲が、日の出を遮断するのではないかと、
そんな予感がしましたが、しばらくそのまま待っていると、
午前5時半ごろ、空の色が深い群青色に変化をはじめ、
夜明けの接近を知らせてくれました。
そろそろ、羽田行きの始発便が、機内ドアモードを変更し、
離陸の準備を進めている頃かな・・、
午前5時44分、黒い機体が大空に舞い上がり、高く飛んでゆきました。
その後、周囲に明るさが増しつつある空を見ていると、
午前6時3分、
水平線付近が、オレンジ色に変わり、
ちらっと、赤いものが頭を現したと思いきや、それが太陽でした。
はじめて見た水平線から昇る太陽は、
“ちょこっと”出て、“ぐぐっと”上がり、
力強さと勢いがあったので、驚いていると、
写真を撮ることを忘れそうになり、
慌ててシャッターを押しました。
太陽は、ぐんぐんと上昇し、午前6時13分、
上方の雲の中に姿を隠してしまいました。
あっという間の10分間、
昇る瞬間にさかのぼってもう一度見たい・・。
そんな気持ちになりましたが、それは無理・・。
機会をあらため、また訪れたいなって思いました。
87感動!
80面白い
84役立つ