日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。
展示品・コメントを登録するには会員登録が必要です。

現在の登録件数

3178

景観・まちなみのこと

日田彦山線呼野駅

小倉南区にある日田彦山線の呼野駅を訪れました。
大正時代に開業したとされるこの駅には、
過去に駅舎があったようですが、今は待合所のみがあり、
改札のない単線ホームを降り、外につながる階段を進むと、
かつて使用されていたと思われる、線路が残っていました。
緑の山々に囲まれた周囲には、採石場や鉱山などもあります。
田川方面から来る上り電車の到着の待ち時間に、
沿線の周辺を歩くと、豊かなオレンジ色の実が
たくさんある柿の木を見つけました。
もうそんな季節・・。収穫の秋・・。
そんな景色を眺めているうちに、
もっともっと周囲を散策してみたい気持ちになりました。
そして、上り電車に乗るのをやめ、
下りの“採銅所”方面に行こうか迷いが出てきました・・。
日が暮れはじめ、あたりが薄暗くなったため、
断念して、元に戻りましたが、
日をあらためて、朝から、“のんびり”、“ゆるり”と、
日田英彦山沿線の旅を楽しんでみたいなぁって思いました。
46感動!
56面白い
58役立つ

コメント

日田彦山線は、もともと、小倉鉄道という私鉄でした。
国鉄時代は、日田線と言った時代もありました。
この線区の変遷はおもしろいので調べてみてください。
東小倉駅・妙見駅、添田線との関係などなど・・・

ですから、
呼野駅の駅舎も最後まで
小倉鉄道時代の木造の小さな駅舎でした。

昭和46年、出札窓口廃止(きっぷの販売がなくなる)、
運転要員のみ配置駅に

昭和58年、呼野の名物、スイッチバックが廃止される

昭和59年、日田彦山線CTC化により、
駅員無配置駅になる(完全無人駅に)

平成4年、不審火により駅舎が消失
以後、再建されず

関門河豚太郎 さん [ 2013-10-10 ]

 小倉南区に住んで20数年になるのですが、実は1度も日田彦山線に乗ったことがありません(子どもはたまに通学で乗っています)

 渋い駅舎も魅力的ですし、春秋はウォーキングイベントなどもよく開催してるみたいですね。
 何とか今年中には1度挑戦したいと思います。

shimojono さん [ 2013-10-09 ]