日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。
展示品・コメントを登録するには会員登録が必要です。

現在の登録件数

3159

景観・まちなみのこと

皿倉山50周年焼き

平成26年が幕開けし、1月中旬を経過したこの頃、
このまちから“50周年のフィナーレ”という
ことばや響きを、見聞きする機会が増えてきました。
そんなある日、夢の中で、
皿倉山に灯る「50」の文字が消えてしまい・・、
「時と風の博物館」の存在が消えてしまい・・、
といった場面に遭遇しました。
このまちを一望する山頂にかがやいていた「50」の文字、
Webの中に存在し、
大勢の方々から素敵な投稿が寄せられる“名博物館”。
周囲に聞いても、誰も見たことも聞いたこともない、
「そんなの知りませんね~」と、首をかしげられました。
わたし、50周年焼きをこの目で確実に見ました!
Webの中の博物館にも投稿した記憶があります・・。
50周年は、夢と魔法に包まれていたんでしょうか?
現実のこのまちで、汗をかき、べそをかき、恥をかき、
悲しみや喜びが訪れると、涙を流したり、笑ったりと。
こんな夢を見た日の夜、50周年焼きを生で確認したくなり、
八幡方面に車を走らせて、
冷たい雨が降った跡の路面を前に、
静かに光る「50」のキャンドルを眺めました。
帰る途中のバイパスを走っているとき、ここで見た景色を
Webの中の博物館に投稿することを決めました。
74感動!
68面白い
66役立つ