日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。
展示品・コメントを登録するには会員登録が必要です。

現在の登録件数

3129

食のこと

小倉自慢のB級ご当地グルメ

「A級」よりもワンランク下だから「B級」?いえいえ、そういう意味ではありません。「B級グルメ」とは、「安価で日常的に食される贅沢でない庶民的な飲食物」のこと。つまり、「そこらへんにある普通の食べ物を楽しく賞味しよう」というわけです。
2012年には小倉で「B-1グランプリ」が開催され、大いに賑わったのは記憶に新しいところ。小倉のB級グルメの代表といえば、やっぱり「焼うどん」です。焼うどんは、なんといっても小倉発祥ですからね。でも、それだけではありませんよ。ほかにも自慢できるB級グルメがいろいろあるので、代表的なものをご紹介しましょう。
まず、甘いものに目がない私のおすすめは「ロールケーキ」。小倉には、昔ながらの味や斬新なアイデアのつまったロールケーキがいっぱい。食べ比べてみるのも楽しそうですね。
和の甘いものなら「ぼたもち」でしょう。「北九州ぼたもち研究会」なるものもあるんですって。北九州では古くから工場労働者の栄養源として、旦過市場の屋台や大手うどんチェーン店『資さん』でぼたもちが売られている独特の文化があることに着目した小倉南区の和菓子店の店主が、「ぼたもちを北九州の新たな名物にしよう」と提唱して研究会が発足したそうです。
小倉の郷土料理「ぬかみそ炊き」も、忘れるわけにはいきません。正式には「じんだ煮」というそうですが、ぬかみそ炊きの味の決め手は、ぬか床。その味は家庭によって違いますから、「わが家だけの味」があるのも「ぬかみそ炊き」の魅力ではないでしょうか。ちなみに、わが家のぬかみそ炊きはサバがメイン。甘さ控えめで、山椒と鷹の爪のピリ辛さがきいた絶品ですよ。なんでも北九州市はサバへの支出金額が日本一だとか。刺身、ごまサバ、ぬかみそ炊き、みんな大好きだもの。納得ですね!
75感動!
79面白い
86役立つ