日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。
展示品・コメントを登録するには会員登録が必要です。

現在の登録件数

3119

景観・まちなみのこと

古きと新しきが交わる街

旦過市場の裏を見れば古きと新しきが同居するテキスト

大正から魚の水揚げ地、中津方面から野菜などが集まり徐々に市場が形成された。
今でも「北九州の台所」としてにぎわいを見せている「旦過市場」。
この付近には昔、雲水の宿泊所があり、「夕べに来りて朝にたつ」ことからその名がついた。
小笠原忠真が糠味噌を推奨し、北九州の気候とベストマッチし、100年を超える糠床を持つ家庭も多い。
その糠を使ってイワシやサバなどを似て糠ごと、骨ごと食べられる「糠炊き」やカナッペ、クジラ肉を売る店もある。
裏に回ると近代的なビルやモノレールが走っているのと、木造の柱が川にたつ昔ながらの風景が一体となっています。
モノレール小倉駅から二つ目「旦過」で下車。
42感動!
52面白い
46役立つ