日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。
展示品・コメントを登録するには会員登録が必要です。

現在の登録件数

3159

歴史・伝承のこと

世界遺産・官営八幡製鉄所旧本事務所

官営八幡製鉄所旧本事務所

官営八幡製鉄所旧本事務所。
今年の7月に世界遺産に登録されましたね。
でも、登録されずとも、世界的な遺産なのです。
近代化産業遺産としてずっとずっと未来永劫語り継がれるものです。
現在、中へは入れません。眺望スペースから観るのみとなっています。
しかし、企業祭の開催の中日である11月7日は中で見ることができるそうです。
是非!!行ってみませんか?関連施設の東田第一高炉跡も圧倒されます。
巨大なモニュメントです。

官営八幡製鉄所旧本事務所

東田第一高炉跡

6感動!
6面白い
5役立つ

コメント

pumpkin さん
コメントありがとうございます。
11月7日、東田の通用門、蒸気機関車370が展示しているところから入場しました。
施設内のバスに乗車し、本事務所を確認できました。
別途、すでに眺望スペースはあるのですが、おっしゃるように距離があるため、望遠レンズで切り撮るか、
あるいは広角で全体像を撮るかしかないと思います。
常時、近くから見えるようになればよいなと思いました。

紅葉の季節については、北九州はこれからという感じなのでしょう。
神出鬼没?の私は、いたるところで撮影しています。
怪しいと思しき場合は、お声をおかけくださいね(^^♪

Shunkei さん [ 2015-11-15 ]

あら・・・残念でした。
赤煉瓦好きの私が、企業祭で入れるとは思わず行きそびれてしまいました
あの眺望設備も遠いし100mm以上のレンズがないと、みんなと同じようなアングルでは
捕らえられないし、携帯などで撮影してある方を見ると、とても残念に思います。
私は行ったときに、上部に有刺鉄線がはってある柵にプレッシャーがかかり、私の赤煉瓦の
リストから切り離したのです。北九州は、ほかにも赤煉瓦の構造物がたくさんあり、それは絵(写真)になります。
100年も前から存在し、今でもあんなふうにしか見せない感覚にショックでした。レンズはたくさん持っていったけど
撮りませんでした。
しかし、近くにいけたなら、撮ったのかもしれません。残念でした。
よく私が行くのは、赤煉瓦では天主堂などよく撮ります。
あの、小さな機関車を飾っている扉から行かれたのでしょうか・・・?
Shunkei さん
市長ももう少し観光を狙って眺望に予算かけたのではないのかと私は思っていたのですが・・
鉄の威厳におされてしまったのか?

少々 愚痴を書いてしまいました。すみません

今からは紅葉の季節・・・

どの辺りを撮られてますか?

pumpkin さん [ 2015-11-14 ]