日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。
展示品・コメントを登録するには会員登録が必要です。

現在の登録件数

3117

歴史・伝承のこと

時を刻むクンロク

朽ち行くクンロク

(2014年3月のShunkeiライブラリーより)
昭和48年に引退した貨物用の9600型蒸気機関車が若松駅近くの公園に展示されている。
その昔、55年間で地球を70周・月を3往復分走行したと言われるレジェンドだ。
在りし日の雄姿は、走った歴史が物語るが、現在は錆行くのみ。
現役時代は毎日のようにメンテナンスされていた、力強いSLは引退後、年老いていくように感じる。
朽ち行く・・とても「さび」しい錆。
かつての汽笛が、記憶の中でこだまする。
その昔の雄姿と現在の老体が重なって見える「わびさび」ではないでしょうか。

クンロクの駆動輪

錆も流れる・・

5感動!
3面白い
3役立つ

コメント

九州若松 さん

コメントありがとうございます。
活躍していたころの雄姿はいいですよね。カッコいいです(^^♪

Shunkei さん [ 2016-01-14 ]

若松機関区で現役の頃の写真です。昭和47年頃の撮影だと思いますが、この頃は東折尾駅と黒崎駅構内の入れ替え作業をやっていました。

九州若松 さん [ 2016-01-13 ]