日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。
展示品・コメントを登録するには会員登録が必要です。

現在の登録件数

3129

景観・まちなみのこと

男は謎の関門海峡

海峡の沿岸で、夫と二人で渦潮をぼんやり眺めている。
希望退職なのに、長年勤務していた職場を去ってから、どうも夫は精気を失ったみたいで、
心配だった。
(男らしく、しゃきッとしろ!)
と言いたいところだが、男女共同参画社会の今日では、禁句だよね。
…遠くの豆粒みたいだった船が、みるみる近づいて、
それは見たこともない巨大なクレーンを載せている。
橋の下をくぐれるか、と不安に思っているうちに、クレーンは頭を下げることもなく、
ぐんぐん突進してきた。
「あッ……」
夫は声を上げる。目を円くして、固まっている。
起立した鉄柱の固まりは、橋脚の間を…強く突き刺して行く。
…通過したクレーン船を見送っていると、押し寄せた波が岸壁をドーンと叩いた。
頭からザブンと飛沫を浴びて、哀れな濡れ鼠が二人。
「わっはははは……」
笑いながらピョンピョン跳ねながら、夫は上着に付いた海水をはたき落としている。
おしとやかにハンケチで顔を拭きながら、私は怒っている。
ふと気づくと、夫の様子が変わっている。
笑い顔はいつもどおりの三枚目だが、背筋がシャキッ。
(なぜ、急に元気になったの)
結婚していても、男のことはさっぱり分からない。
撮影 門司区・和布刈神社境内
1感動!
6面白い
1役立つ

コメント

深田サルベージのサルベージ船は田野浦に係留していることがありますよね。
この深田サルベージという会社、以外にも日本有数のサルベージ会社だそうで。
北九州の人間のほとんどが知らない事実ですね。

関門河豚太郎 さん [ 2016-10-04 ]