日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。
展示品・コメントを登録するには会員登録が必要です。

現在の登録件数

3197

景観・まちなみのこと

門司港レトロ

門司港レトロ・旧門司税関
1912年(明治45年)3月、
焼失した門司税関の2代目の庁舎として建設、
1927年(昭和2年)西海岸に3代目の庁舎となる
旧合同庁舎が完成するまで使用されました。
現在の建物は、門司港レトロ事業で修復されたものです。
門司港レトロ展望室は、日本を代表する建築家、
黒川紀章氏が設計した高層マンション
『レトロハイマート』の31階にあります。
この展望室から見る四季折々の景色は格別で
その一瞬の時のパノラマは見る者を魅了します。
門司港レトロ・旧大阪商船とバイク(ハーレー)
大阪商船の門司支店として、
1917年(大正6年)建設されました。
1964年(昭和39年)大阪商船と三井船舶の合併後は、
商船三井ビルと呼ばれ、1991年まで使用された。
八角形の塔が特徴です。
バイクは、米国製のハーレー・ダビットソン。
「ド,ド,ド,ド・・・」と渋いエンジン音とともに
走り去りました。
2感動!
2面白い
2役立つ

コメント

門司税関の初代は明治43年に消失しました。この旧門司税関はレトロ事業による改装以前は倉庫として細々と利用されていました。
ちなみに現在の門司税関のある港湾合同庁舎は門司税関4代目の建物になります。
レトロハイマートのある場所はかつての三菱合資門司支店の赤レンガ倉庫がありました。
保存を求める市民に対して八幡の某不動産会社が強行してこのタワーマンションを建築させました。
大連図書館の場所はもともと三菱合資門司支店の赤レンガの事務所がありました。
戦後は三菱商事門司支店と名を変えこの地から門司港駅前のビルに移転するも門司から撤退。
その後、三菱商事から分離していた三菱倉庫が倉庫事業と曳き船などを行っていましたが、この会社も撤退。
そして三菱倉庫の業務をするべくつくられた門菱港運が現在の大連図書館の場所に
小さな事務所ビルを建てたのです。このビルを壊して今の大連図書館があるのです。
商船三井門司支店のあの建物は2代目の建物です。初代は木造和風の建物でした。
この画像の商船三井門司支店ビルの右側に門司水上警察署の建物があったことを知る人も減ったでしょうね。

関門河豚太郎 さん [ 2016-10-04 ]