日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。
展示品・コメントを登録するには会員登録が必要です。

現在の登録件数

3198

景観・まちなみのこと

石炭で賑わった港町

石積の護岸

かつて日本一の石炭積出港「若松」
鉄道も商社も若松へ転勤は「栄転」だったのです。
小さな小さな一漁村が筑豊の石炭の集積場となり、明治24年鉄道ができ、筑豊からどんどん石炭を運んできて、五平太船はなくなるどころか益々繁盛したといいます。官営製鐵所も設立され需要がますます増したのです。門司港に遅れること10年、若松も石炭や鉄の特別輸出港となりました。上海からJAZZも入りバンドも生まれました。
いまはその姿は一部に残っている程度になり、忘れ去られようとしています。

三菱

若戸大橋

2感動!
1面白い
0役立つ

コメント

若松。石炭の積み出し港。ごんぞう小屋でした。渡船でまた行きたいですね。

キク さん [ 2016-12-30 ]