日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。
展示品・コメントを登録するには会員登録が必要です。

現在の登録件数

3200

景観・まちなみのこと

橋の欄干 板櫃川版9 岩渕橋、八王寺橋、第二岩淵橋

相当に古い橋です。欄干部の銘板なく、バス停の名前から岩渕橋です。

お詫びがあります。
板櫃川の河川敷の長さ2.5kmと記しましたが、井出尻橋から上にさらに500m強つながっていました。お詫びするとともに3.0km強と訂正いたします。
小倉高校裏門あたりから、25番目の八王子橋の先まで40分くらいで完歩できるでしょうか。でものんびり1時間くらいかけて歩きたいですね。
さて、橋の欄干・板櫃川版も八幡東区です。
次の橋の前に、板櫃川と槻田川の合流部の景観を紹介します。この合流地点の川底は大きな岩盤が割れたような景観で街中の川の雰囲気ではありません。川は土地の柔らかい部分を水が削ってできると知識からは異質です。その表情は山の中の源流に近いと言ったほうがいいかもしれません。
24番目の橋はかなり古い橋です。残念ながら、欄干の銘板は朽ちてありません。橋の名前がわからないと途方にくれる私の目の前のバス停があり、何とバス停に岩渕橋とあるではありませんか。昔、このあたりに西鉄路面電車の車庫があったような記憶が蘇ります。
竣工年もわからず、いわれも不明です。川淵町の地名はあるけれど・・・
続いて八王寺橋です。河川敷はこの橋の先までですが、河川敷遊歩道のスタート地点です。橋は比較的新しく見えるのですが竣工は不明です。橋の名は地名からです。このあたりは八王寺町です。橋を渡ると坂があり、その先には総合体育館があります。
26番目は第二岩淵橋です。名前からすると24番目の岩渕橋と何らかのつながりがあると思われます。しかし、どちらのふち(渕・淵)が正式なのでしょうか。この橋の先は通り抜けができません。

八王寺橋です。川淵町から総合体育館への繋がる坂道の手前にあります。

第二岩淵橋です。ぶちの字が違いますね。

149感動!
158面白い
146役立つ

コメント

ず~っとほったらかしになっていましたが、やっとのことで岩渕橋の欄干の柱の写真を撮影しましたのでアップします。
名前も銘板も欄干の形も、本当に色々な工夫がありますね。
  • ドーム状になっていてなかなかオシャレです

maomao さん [ 2012-10-15 ]

おじさん、梅雨が明けると、一気に夏本番になります。麦わら帽必須で、無理のない範囲で、楽しい橋投稿を続けてください!いつも楽しく拝見しています。
大蔵からあじさいの湯まで歩き、風呂に入って、無料バスで帰宅。とても、素敵なウォーキングプランだと思います。…しかし、個人的には紫川のつづきが気になります…笑

向日葵 さん [ 2012-07-05 ]

いよいよ“おじさん”のウォーキングが私の生活圏に近づいてきました!岩渕橋は毎日のように通っていますが、橋に銘板がないことを初めて知りました。バスで「次は岩渕橋~」といつも案内が流れるので、この橋の名前は当然岩渕橋、銘板もあって当たり前と思い込んでいました。歩いてみると見えてくるものが色々あるもんですね。

ところで岩渕橋は、本来銘板があるべき欄干の柱の形がおしゃれです。灯篭のような感じになっていて、上がドーム型になっています。“おじさん”ご覧になりましたか?今度、写真を撮ってきてご紹介したいと思います。

先日地域の歴史勉強会で知ったのですが、八王子のあたりには古墳もあるそうですよ。

maomao さん [ 2012-07-05 ]

 おはようございます。
 ご配慮ありがとうございます。

 今回は大蔵までです。大蔵で上流を見ると4つくらい橋が見えます。
 どうしようかと悩みましたが、断念しました。

 次の楽しみにしました。
 南小倉からバスで大蔵まで行き、あじさいの湯まで歩き、風呂に入り、無料バスで帰る案を検討中です。
 でも、紫川が先でしょう。思案中です。

 15km前後、3時間くらいは大丈夫のようです。でも、先日のウオーキングは日焼けのトラブルです。薄い髪を災いして、頭皮が日焼け、ブラシを入れると痛ーいです。今はもういいですが・・・

 次回は麦わら帽で行きます。

おじさん さん [ 2012-07-05 ]

 こやって橋の名前をずっと見てくると、「第二○○橋」というのが時折紹介されますが、何だか味気ないですよね。橋もちゃんとした名前を欲しがっているような気がしてなりません。

 実害はもちろんないのでしょうが…

 それにしても、今回のウォーキングはどこまで行かれたのでしょうか。投稿は楽しみなんですが、あまり無理をなさらないようにしてくださいね。

 しょっちゅう膝が痛む私からのお願いです(笑)

shimojono さん [ 2012-07-05 ]