日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。
展示品・コメントを登録するには会員登録が必要です。

現在の登録件数

3269

景観・まちなみのこと

紫川の源流を求めて 橋巡り欄干巡り第2部ー2

漢字だとと「やつがせばし」と読みそうですが銘板には「はちがせはし」とあります。

豪雨に悲鳴を上げながら川を流れる濁流を見ていると、「橋の欄干」の投稿でキーを叩くのが憚られていましたが、再開します。
国道322号線の中西橋と西鉄中谷営業所の間、紫川沿いの道をいきます。このあたりに来ると田んぼや畑が広がります。あぜ道を車が通れるように道幅を広げたような道を行くと先に九州縦貫道の小倉南インターの料金所や高速バス停が目に入ります。
そんな景色の中に、28番目の八ヶ瀬橋(はちがせはし)が見えてきました。昭和55年の竣工とあります。川を眺めると狭い川に瀬のような場所もあり、これが橋の名前の由来でしょうか。
29番目は200mくらい先、九州縦貫道の真下あたりに山本橋(やまもとばし)です。竣工は平成4年とあり、比較的新しい橋です。由来は地名から取ったように思えます。
橋の欄干の写真を撮るようになって、不思議に思うことがあります。それは、「橋」を「はし」と呼ぶか、「ばし」と呼ぶかの違いです。「ばし」のほうが言いやすいように思いますが・・・
山本橋を過ぎると、紫川は、県道258号線(呼野・道原・徳吉線)に近づいたり、離れたり、源流に向かいます。
30番目の橋は、紫川と258号線が最初の近づいたあたりの堂の前橋(どうのまえばし)です。橋の前には山本地蔵堂があります。由来は地蔵堂の前にあるからです。昭和50年竣工です。

山本橋です。

堂の前橋です。

155感動!
171面白い
154役立つ

コメント

ほんとに、橋の名前って、誰が決めるんでしょうかね?
いずれ、役所が決めるのでしょうが???

おじさんは、橋の周りの景色に合う名前が好きです。

次回、紹介する橋は史跡です。川のせせらぎも橋の雰囲気も、そして写真写りも最高。でも悲しい出来事もあったようです。広く、周知したい橋です。

おじさん さん [ 2012-07-18 ]

 地域の代表者会議で決められるのなら、ぜひ変更したい橋の名前があるのですが…
 

shimojono さん [ 2012-07-18 ]

こうやっておじさんの投稿を拝見していると、本当に色々な橋の名前があるんだなぁ と思います。どれも「ふむふむ」という感じです。

でも、橋の名前ってどうやって決めるんでしょうね?地域の代表が集まって会議でもするんでしょうか?気になります。

maomao さん [ 2012-07-18 ]

ここ数日の豪雨は、本当にすごかったですね…自然の脅威を感じました。豪雨、濁流の中でも、ぎりぎりまで私たちの生活を支えてくれる「橋」、その存在に感謝しなければならないなぁ~、とおじさんの記事に教えられているような気がしています。さて、遂に、小倉南インター付近まで辿り着かれたのですね。この辺りまで来ると、あまり紫川を意識してみたことがありません。余計に楽しみです。

向日葵 さん [ 2012-07-18 ]

少しずつ奥地に入っていく感じが橋からも感じられますね。
 橋の名前も質感も地域に根差したどっしりしたもののように見えます。

 いい感じです。

shimojono さん [ 2012-07-18 ]