日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。
展示品・コメントを登録するには会員登録が必要です。

現在の登録件数

3346

景観・まちなみのこと

紫川の源流を求めて 橋巡り欄干巡り第2部ー3

あらいだしばしです。

みなさん、眼鏡橋といえば、どこの橋を思い出しますか。
北九州市小倉南区に眼鏡橋がありました。
堂の前橋を過ぎ、県道258号線を下っていくと、すぐに菅生小学校があります。小学校を過ぎると県道沿いに田んぼが広がり、田植えも終わっています。田んぼの水面に水草が浮き、その下に何かいるようです。よく見るとオタマジャクシです。
稲穂が付く頃でしょうか、オタマジャクシがカエルになって、鳴き始めるのは・・・街では見かけない光景に立ち止まって眺めていました。
31番目の橋は洗出橋(あらいだしばし)です。竣工は昭和49年です。珍しい名前です。何を洗ったのでしょうか。橋のたもとには栗の木があり、みどりのイガイガの実がたわわになっていました。
洗出橋を過ぎ、川沿いの道を下ると、冒頭に記した眼鏡橋です。竣工は昭和60年とありますが、欄干部の改修年月だと思われます。
この橋は市指定史跡「春吉 眼鏡橋」とあります。欄干は木造ですが橋台部分は石積みの石橋です。橋の由来や橋の全景は、市指定史跡「北九州の眼鏡橋」として、次回、詳細を紹介します。
33番目は河原橋(かわらばし)です。昭和55年竣工です。名前の由来を示すものはありません。ロケーションからすると川幅が広く、河原部分が広いから名づけたのではないでしょうか。
紫川も春吉を越え、道原が目前です。

眼鏡橋です。

河原橋です。

130感動!
149面白い
147役立つ

コメント

 眼鏡橋は市の指定史跡でもあるようですね。
 
 でも、今回の中では断然「洗出橋」のネーミングですね。検索してもこの橋が1番上に出てきますし、口に出して言いにくいのがまた良いです(笑)

shimojono さん [ 2012-07-19 ]

わたしが「眼鏡橋」と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、河内貯水池の橋です。
これです
↓↓
http://www.kitakyushu-museum.jp/resources/2
おじさんの今回の投稿を読んで思ったのですが「眼鏡橋」って本名というよりは、ニックネームであることが多いような気がしませんか?現に、河内貯水池の橋も本名は「南河内橋」です。
堂々と本名「眼鏡橋」を名乗っている橋は、新鮮にうつりました。

maomao さん [ 2012-07-19 ]