日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。
展示品・コメントを登録するには会員登録が必要です。

現在の登録件数

3117

自然のこと

残せ「曽根干潟」

小倉南区の曽根干潟は,絶滅危惧種を含む鳥類や底生生物,魚介類が多数生息する全国でも数少ない生き物たちの楽園としてその保護が叫ばれている干潟です。特に天然記念物であるカブトガニの生息地として有名ですよね。
時期になると、曽根干潟では、渡り鳥が翼を休め時には餌を啄ばんでいる景色がみられますよ。
人口約100万人の北九州市には、鳥のサンクチュアリとしてこんな自然がまだ残されている場所があります。風の無い日には、のんびりと野鳥を見ながら午後の一時を過ごしてみませんか?
*干潟に入れば、小さなカニやドンコもいます。子どもの頃を思い出しながら磯遊びならぬ干潟遊びも面白いよ!
97感動!
103面白い
108役立つ

コメント

 散策おじさんは怒涛の6連続投稿ですね。すごい!しかも、市内のあちらこちらの情報…
 

 干潟にはズグロカモメも来てますね。いのちの旅博物館ではく製をみました。
 本物を干潟に見に行かないとダメですね。

shimojono さん [ 2012-07-23 ]