日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。
展示品・コメントを登録するには会員登録が必要です。

現在の登録件数

3197

人・人情・まちのこと

ぬか床名人 波多野淳子さん

小倉の街にぬか床が持ち込まれたのは、今から300年以上前の江戸時代。
それ以来、玄界灘の新鮮な魚を使った「ぬか炊き」や地元の新鮮な野菜を漬けた「ぬか漬け」などに進化し、今でも食卓には欠かせない逸品として愛されています。
そんな「ぬか床づくり」を若い世代に伝えていくべく、毎月1回ぬか床講習会を行っている波多野淳子さん。今や、福岡市や直方市など市外からも講習会のオファーがあるそうです。
私も、「きっと私には無理だろう」と構えて講習会に参加したのですが、波多野さんの手にかかれば、楽しくあっという間にぬか床づくりができました。
こんな風に、楽しく気軽にぬか床づくりを市内外に広めている波多野さんは、北九州市の地域資源だと思います。
239感動!
196面白い
214役立つ