日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。
展示品・コメントを登録するには会員登録が必要です。

現在の登録件数

3178

景観・まちなみのこと

「海と船が見える坂道10」-「若戸トンネル」にもあった(内容追加) 

このように戸畑側からトンネルに入るとき、洞海湾の海面がよく見えます。

今回新若戸道路「若戸トンネル」のウォーキングの記事が出ていたので、今回「海と船が見える坂道」として紹介します。
昨日8/26、トンネルウォーキングが行われました。
暑い中、15000人の人がトンネルを歩いたとか。
私も2往復しました。
そこで再発見、「若戸トンネル」にも「海と船が見える坂道」が存在した!
戸畑側の料金所から、「若戸トンネル」に入る直線の下り坂です。
今回の写真は、人が歩いているので少しわかりつらいですが、確実に、洞海湾が見えます。当然船も見えるはずです。
ただし、新若戸道路は、自動車専用道路なので、9/15の開通後、坂道を確認できるのは、自動車の中からとなります。
くれぐれも脇見せずに事故らないように。(海、船、若戸大橋に見とれずに)
追加
9/9には、JRウォークが行われました。
天気は曇り。
当日私は、関係者としてトンネル内にいましたが、全体も歩いてみました。
トンネル内では、漁船や貨物船等のスクリュウ音を何度も聞くことができました。たぶんこれも開通前最後でしょう。
しかしながら、道路の坂道からは、航路を走る船を見ることはできませんでした。
「コメント」には、トンネル内の様子、「海と船の見える坂道」の展示の様子を添付します。
あまり参加者からは立ち止まってもらえませんでした。目立たない。字が多いからでしょうか?
でも、しっかり、じっくり見てくれる人も多数いました。

料金所から下るときには、若戸大橋が左手によく見えます。

トンネルを抜けて若松側に出る。向こうに、「坂道」がたくさんありそう。ワクワク

151感動!
162面白い
162役立つ

コメント

 やっと新若戸道路を体験しました。
 若松から戸畑に向けて走りました!美しいトンネルで感動しました。爽快です。

 写真はぶれててごめんなさい。
  • 若松側の入り口です 軽自動車は50円
  • 美しいトンネル内部 

幸ちゃん さん [ 2012-09-24 ]

展示物に気づけば近くにいらっしゃった坂道マニアさんと直接、ご挨拶、お話が出来たかも
ですね、あ~残念。10月のツアー参加に向けたリハビリを兼ねておりましたが、やはり
途中、棄権でした。また、夕刻、2枚目と同じアングルでカメラを構えたつもりでおりましたが、おもちゃのカメラじゃ無理でした。せっかくのチャンスだったのに残念です。これからも
「海と船が見える坂道」楽しみにしております。

戸畑音頭 さん [ 2012-09-11 ]

>トンネル内では、漁船や貨物船等のスクリュウ音を何度も聞くことができました。たぶんこれも開通前最後でしょう。
これは、本当に貴重な経験ですよね~。トンネル内までも聞こえてくるものなんですね!すごいです!!

向日葵 さん [ 2012-09-10 ]

内容追加に関する写真です。
  • 若戸トンネル内での展示の状況。沈埋トンネルの広報に興味がありそう。
  • 「海と船が見える坂道」を展示しました。ぼちぼち見てもらった?

坂道マニア さん [ 2012-09-10 ]

「若戸トンネル」でそんなにヒットするのですか。

ところで、この間、洞海湾を航行する船をを若戸トンネルの坂から撮影しました。
添付します。
  • 「若戸トンネル」の坂から洞海湾を通過する船を撮影。すごい。

坂道マニア さん [ 2012-08-30 ]

 若戸トンネルは九州初の沈埋トンネルだとか。開通後は北九州の新名所になりそうですね。
 行きはトンネル、帰りは若戸大橋。海中と海上の往復もいい感じです。

 それにしても、「若戸トンネル」で検索するとすごい数がヒットしますね。

shimojono さん [ 2012-08-28 ]

戸畑側からトンネルに入り込むまでの景色、たしかに素敵ですね~!
若戸大橋に洞海湾に船、またこのまちに素敵な景観スポットが誕生しましたね。

向日葵 さん [ 2012-08-27 ]