日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。
展示品・コメントを登録するには会員登録が必要です。

現在の登録件数

3198

景観・まちなみのこと

海と船が見える坂道⑪-戸畑区椎ノ木団地-望玄坂のすぐ近く

椎の木台の坂道の頂上部から見下ろす。遠く関門海峡、本州が見える。

今回は、戸畑区の坂道です。
戸畑区には、若戸大橋は見えても、「海と船が見える坂道」はあまりないかと思っていました。
しかしながら枝光の方から、くろがね線、九国大附属高校(五輪サッカー永井選手出身)等を歩いて行くと、そこに、遠くに関門海峡や製鉄所が見えるすごい坂がありました。
これが、椎ノ木町の坂道です。
ここは、戸畑区と八幡東区の境界の丘陵の尾根路にあります。
北の海に向かって並行していくつか坂道はありますが、その中で一番長いものを紹介します。
坂道(150m)と階段(50m)の組み合わせ計200mの坂道です。遠く関門海峡、山口県が臨めます。坂の下から見上げるのも圧巻です。
でもここの住宅地は、山の近くまでバス路線や道路もあり、それなりの交通アクセスはあるみたいです。
冬の季節風の強いときは風が大変だ脳と思われます。
10月には、この坂を含めて「海と船が見える坂道ツアー(枝光、牧山編)」を計画しています。

ここからは階段。50m続く。海と本州が近くなる。手すりが布団干し場に。

この坂道を階段との境界から見上げる。遠くまで道が続き青空がきれい。

117感動!
130面白い
113役立つ

コメント

坂道マニアさん
 大いに期待しています(^o^)/

幸ちゃん さん [ 2012-09-07 ]

これに懲りずに、北九州市のいろんな坂道に興味を持って下さい。
ほんとうに北九州の町って奥が深いですね。

まだまだ紹介したいと思っています。

坂道マニア さん [ 2012-09-06 ]

戸畑音頭さん
 逆です。こちらが悪かったんです。申し訳ありませんでした!
 私が嬉しくなりすぎて、つい揶揄するような書きぶりをしただけなのです。素直に「すばらしい!」って書けばよかったんですけど、照れくさくなってしまいました<m(__)m>
 
 私が戸畑音頭さんのコメントを受けて「皿倉の稜線や平尾台が見たいと」言ったことに対して、坂道マニアさんがすぐに応えてくださったもんですから、つい嬉しくなってしまったんですね。

 市内であっても知らないことは山ほどあるわけで、一つの投稿をきっかけに話が広がったり、深まっていくのはいいことだと思います。本当ですよ。

 最後に改めまして、「坂道マニアさんと戸畑音頭さんのピンポイントの話しはすばらしい!」
 

幸ちゃん さん [ 2012-09-05 ]

幸ちゃんさん
私が坂道マニアさんの投稿の軒下をお借りして、椎ノ木から私が見た皿倉山の感動を
みなさんにお伝えしようとしたもので、申し訳ありません。  それでも懲りずに今日行ってみました、天気が悪く、前回のような感動はありませんでした。

戸畑音頭 さん [ 2012-09-05 ]

 お尋ねした私が悪かったのでしょうか(笑)
 坂道マニアさんと戸畑音頭さんは何だかピンポイントのお話に…

 坂道マニアさんの追加された写真は、どとらとも深呼吸したくなるほどいい眺めですよ。海がなくてもすばらしい写真です! 

幸ちゃん さん [ 2012-09-04 ]

さすがです。
関門と金毘羅山、平尾台方面が見えるのは椎ノ木荘(老人ホーム)上の住宅(売り物件)の庭からの眺めでした。また、皿倉山は椎ノ木町10番の椎ノ木谷団地の1棟の突き当りが空気が澄んだ時はで~っかい皿倉山に健脚の坂道マニアさんならひとまたぎ。
今度、写真再度挑戦してみます。自家用が無いのでゆっくり待っていて下さい。

戸畑音頭 さん [ 2012-09-04 ]

当然のことながらその写真もあります。
それを2枚添付します。
ちょっと平尾台については、遠くてわかりつらいのですが。。。。。
尾根路なのでほんとうに360度見渡せるといった感じですよね。

だからこそ、台風時とか冬の季節風時には風が強そう。

ところで、私、軽登山(晴れた日に日帰りで、近くの山に登ること。車もないので当然、列車と徒歩です。)も大好きです。
  • 九国大高校を挟んで皿倉山とそれに連なる福智山への山系です。
  • 遙か向こうに江見るのが平尾台貫山です。セメント山も見えます。

坂道マニア さん [ 2012-09-04 ]

戸畑音頭さん
 平尾台と関門海峡が同時に見られるんですか。それはいいですね。見てみたいです。

幸ちゃん さん [ 2012-09-04 ]

私も好きな椎ノ木町です。この椎ノ木台東側だと平尾台、関門、同時に眺められます。
また、3枚目の坂を上って団地の突き当りまで行くと、空気の澄んだ午前中だと
皿倉山の稜線がくっきり見えて手がとどきそうなくらい大きくみえます。以前撮影して
いたのですが、削除してしまっていました。残念。坂道では無くふるさとの山シリーズ?

戸畑音頭 さん [ 2012-09-04 ]

写真は3枚とも良いですね。
特に真ん中の写真は生活感が漂ってて、ぬくもりが感じられます。

幸ちゃん さん [ 2012-09-03 ]