日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。
展示品・コメントを登録するには会員登録が必要です。

現在の登録件数

3191

匠・技術・働くこと

小倉の匠~すべての経験を人生の糧に~

刃物はお店で研がないとのこと。講師をされている、NHK文化センター教室にて

包丁はもとより、ありとあらゆる刃物を砥ぎ、
すごい切れ味にする方がいると聞いて、
やって参りました。旦過市場の刃物店『とぎ龍』の
藤江龍夫さんをご紹介します。
藤江さんのお店では、包丁や鋏などを販売する傍ら、
刃物を研ぎます。預った刃物は、目の粗い砥石から
目の細かい砥石まで5種類の砥石を順番に使い砥ぎます。
「包丁はね、買ったばかりの時は、錆止めが塗ってあって、
砥がないと切れない。
そのことを知らない人が増えたね。昔は、
どこの家にも砥石があったけどね。
うちの売り物の包丁は砥いであるからすぐに使えるよ」と笑います。
包丁の他には、そば包丁、かつお削り、のみやかんな、
裁ち鋏、植木鋏基本的には、なんでも砥ぐそうです。
「長太郎って鋏知ってるかね?」
( ̄ー ̄?)…..??
遠方のテーラー(紳士服の仕立て屋)のご主人が、
藤江さんのうわさを聞きつけ、他で砥ぎに出したが、
全然砥げてなかったからお願いしますと来られた
とのこと。長太郎という留め具に蝶々の刻印のある、
裁ち鋏の高級品(10万円以上)です。砥いで渡したところ、
もった瞬間に「握っただけで(砥げているのが)
わかります。ありがとうございました」と帰られたそうです。
「わかる人は、わかる。いつも真剣勝負、
気持ちをいれてやらないとね」と語ります。
普通の刃物店は、こんなに色々な刃物を砥がないと聞きました。
どうして砥げるのか尋ねました。
「この仕事を始めて50年ぐらいになるね、
30歳くらいまでは、色々な仕事を経験した。
大工の見習いをしていたから、のみやかんなのことがわかるし、
おり箱の仕事にいたから刃物の付いた木の箱や台にもなじみがある。
なんでも興味があって、なんでもしたね、
ダンスホールでダンスの講師もしてたよ。
この仕事を始めてからは、包丁が砥げるようになったら、
次は鋏、床屋のバリカンなんかも砥げるようにって修行したね。」と話します。
そんな藤江さん、祇園太鼓は5歳の時から始め、
「平成の無法松」として、小倉祇園を支える一人となっています。
色々なことに興味を持ってチャレンジし続け、そしてその経験が、
83歳の藤江さんの仕事や生き方を豊かにします。
パワフルで私も負けてられない!と元気をくれる魅力的な方でした。
小倉にはすばらしい匠がいます。
小倉っていいところでしょ☆

お店は旦過市場にあります。

門司港バナナの叩き売り教室に通い、免許皆伝です。口上がすばらしく、おもわず拍手

163感動!
143面白い
161役立つ

コメント

門司港バナナの叩き売り教室にも通われていたとは、本当にパワフルな方!!何にでもチャレンジされる心意気、見習わなければなりませんね(*^。^*)
今回も、素敵なお話をありがとうございます!!

向日葵 さん [ 2012-12-04 ]

幸ちゃんさんコメントありがとうございます。
本当に元気で楽しい方です。
祇園太鼓のお話や、太鼓をたたく役で水戸黄門に出演した話など、興味深いお話ばかりでした。
是非にお店に寄られてみてください☆

中活女子部 さん [ 2012-12-04 ]

maomaoさん ご家族のステキなエピソードありがとうございます。
藤江さんに私の自宅の切れない包丁を持っておいでと言われて、
図々しくもNHK文化センターに伺った時に研いでいただきました。
トマトが(ノ゜⊿゜)ノびっくり!!するくらいきれいに切れます。
匠のスゴ技を実感しました。

中活女子部 さん [ 2012-12-04 ]

母が“とぎ龍”さんで買ってくれた2本の包丁を使って、毎日料理をしています。数年前までは、母に頼んで“とぎ龍”さんで包丁を砥いでもらうこともあったのですが、最近は砥ぎは家の近くのお店でお願いしています。

“とぎ龍”さんというと、我が家には懐かしい思い出があります。
実は我が家にも砥石があり、父がたまに包丁を砥いでいたのですが、まぁこれがどうしようもない腕でして。(父には申し訳ないのですが)
母が外出中に父が包丁を砥いでしまうと、切れがますます悪くなる始末。この現象を我が家では「とぎ蛇にやられる」と称しておりました。分かりますか?龍ではなく、蛇なのです。
母「あ~、また“とぎ蛇”にやられたよ」
私「仕方ないね、“とぎ龍”に持っていかなきゃ」

父が亡くなった今となっては、このやり取りはもちろん、切れの悪くなった包丁さえもが懐かしい思い出です。

maomao さん [ 2012-12-03 ]

 小倉祇園太鼓の辰巳会の藤江さんは何度も拝見しています。本当にお元気ですよね。
 祇園太鼓以外のイベントなどでもよくお見かけします。太鼓の歴史や打法の説明など、聞いてて楽しいです。

 残念ながら、砥ぎをお願いするほどの業物は持っておりませんが。

幸ちゃん さん [ 2012-12-03 ]