日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。
展示品・コメントを登録するには会員登録が必要です。

現在の登録件数

3183

景観・まちなみのこと

関門海峡めかり駅

九州最北端に位置する北九州銀行レトロラインの「関門海峡めかり駅」を撮影しました。
オレンジの街灯にかがやくクラシカルな鉄道車両が、ライトアップされた関門橋を越え、銀河に向けて旅立ちそうな雰囲気を漂わせていました。
あたりは、海峡に沿ってきれいな遊歩道が整備され、対岸のあかりが長く伸びる水際から、静かに打ち寄せる波の音が聞こえてきます。
客車をけん引するこの銀色の電気機関車は、国鉄時代の1960年(53年前)に下関・門司間で活躍するために開発され、関門トンネルの海水による塩害を防ぐため、防錆対策としてステンレスが使用されたようです。
ずっと将来、人が銀河のかなたに住む時がくるとしたなら、このまちを普通に走っていた、この車両が、宇宙別館に運ばれ、常設展示されるといいなって思いました。
85感動!
83面白い
79役立つ

コメント

いつも本当に素敵なお写真ですね~♪「関門海峡めかり駅」横には、この車両展示とともに、大きなタコの滑り台を中心に楽しい楽しい公園が整備されていますよね~♪休日は子ども連れのファミリーで賑わっています★

向日葵 さん [ 2013-02-28 ]