日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。
展示品・コメントを登録するには会員登録が必要です。

現在の登録件数

3117

自然のこと

春を告げる「平尾台の野焼」

春の風物詩、北九州国定公園の平尾台の野焼。
冬を超えた枯草を焼き、害虫も息が絶え一面黒焦げの野原と化し、白い石灰石が浮かび上がってきます。
「クリーン大作戦」と題したボランティアの清掃活動、心無い人たちが捨てた空き缶拾いが行われ、その後には新緑が芽生えてきます。
この時期がまた素晴らしく、「羊群原」と呼ばれるように多くの石灰岩が新緑をついばむ羊の群れのように見えてきます。ハイキングにも一番いい時期でいろいろな小さな草花も誇らしげに花を咲かせてきます。
お弁当を持って運動靴程度で歩ける素晴らしい場所です。
79感動!
88面白い
87役立つ

コメント

 平尾台は遊びに来る友人を連れて行きます。
 冬場はさすがに厳しいのですが、あとのシーズンはそれぞれに良さがありますよね。

shimojono さん [ 2013-03-06 ]

毎年ニュースで紹介されますよね。このニュースを見ると「春が来てるなぁ」と思います。
私は、平尾台は暑さから逃げるために夏に行くの専門・・・。
でもkqmanさんの新緑&羊(石灰岩)の描写には心を動かされました。今年こそは避暑以外でGO!平尾台!

maomao さん [ 2013-03-06 ]

私も行きました。
野焼き後の白い石(石灰岩)と黒くなった焼け跡のコントラストに感動!
1週間後に黒い焼け跡が緑に覆われる景色が楽しみです。

おじさん さん [ 2013-03-06 ]

平尾台は私も大のお気に入りです!

幸ちゃん さん [ 2013-03-05 ]