北九州市 時と風の博物館

日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。

現在の登録件数

3550

折尾駅そばの近代化遺産「ねじりまんぽ」

JRの線路を超えて手前側まで高架橋が伸び6連アーチであったという。
明治期の鉄道遺構に多用された工法。全国的にも珍しいレンガアーチが連続した高架橋であることと現存する「ねじりまんぽ」としては、我が国最大規模の正経間を誇る。
周辺の住人に聞くと、JRの線路をまたいで6つのトンネルがあったというから驚きである。写真1,2枚目は、2010年9月当時のもの。
3枚目は、2013年2月現在。未来の子孫に残しておきたい
近代化遺産である。