北九州市 時と風の博物館

日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。

現在の登録件数

3563

本来は舁き山ですが、曳山として巡行しています。

小石の山笠

天保四年の作と伝えられている幕です。
こちらは明治十二年と記されています。
提灯山笠で知られる小石の山笠ですが、本来の姿は幟山笠です。昭和28年を最後に中断していましたが、1997年に復活しました。最近は参加者不足で巡行もままならないとか。せっかく復活したのですから、これからも続いて欲しいものです。また白山神社にも同型の幟山笠があったらしく、写真が残っています。更に枝光にも大正時代まで幟山笠があったらしく、こちらも写真が残っているようです。各幟山笠の関係について、もっと詳しく調査してほしいですね。