北九州市 時と風の博物館

日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。

現在の登録件数

3563

試掘坑道竪坑・世界初海底トンネル・関門鉄道トンネル

関門海峡をつなぐ交通施設を作ろうという発想は、明治期よりあった。当初①トンネル②架橋③列車運搬船が考えられたが、②案は、軍事攻撃目標にされやすいなどの理由で1919年、①案になった。
昭和19年、起工式。試掘坑道(通称、豆トンネル)は、昭和14年に貫通。本坑道は、昭和19年に貫通。第2次世界大戦で、空爆でトンネルを無力化するために、攻撃を予定していたが、悪天候のため実施されなかった。
トンネル試掘のために作られた竪坑の一部が現在、通気口として残っている。
おそらく、地域の人もこの構造物が、何であるのかご存知なかろう。
私たちが取材に行った時、近くで聞き込みをしてもだれも、その存在をしらなかった。後世の人々に伝え続けなくてはならない歴史である。
(引用及び参考文献 「北九州の近代化遺産」「福岡の近代
化遺産」「九州遺産」弦書房
「趣味悠々 園芸と日記と写真館Ⅱ」
http://heiji303.blog21.fc2.com/より)