北九州市 時と風の博物館

日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。

現在の登録件数

3551

高塔山

昭和43年(1968)頃撮影
若松と言えば、まず頭に浮かぶのは高塔山です。元禄12年作の筑前国絵図には高頭山とかかれているそうで、以前は頂上には松林があったそうです。かつて火野葦平は、高塔山の事を「山上軍艦」という詩に書き表しています。「ああ、みよ、かの山上の軍艦はまっしぐらに進行す」戦時中は軍の陣地があり、高射砲も設置されていたようです。遊園地やロープウェイもあり、若松では最初の市民プールもありました。今ではすべて無くなってしまいましたが、高塔山は昔も今も、若松の人達の憩いの場所です。