北九州市 時と風の博物館

*日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。
展示品・コメントを登録するには会員登録が必要です。

現在の登録件数

3531

景観・まちなみのこと

高塔山

若松と言えば、まず頭に浮かぶのは高塔山です。元禄12年作の筑前国絵図には高頭山とかかれているそうで、以前は頂上には松林があったそうです。かつて火野葦平は、高塔山の事を「山上軍艦」という詩に書き表しています。「ああ、みよ、かの山上の軍艦はまっしぐらに進行す」戦時中は軍の陣地があり、高射砲も設置されていたようです。遊園地やロープウェイもあり、若松では最初の市民プールもありました。今ではすべて無くなってしまいましたが、高塔山は昔も今も、若松の人達の憩いの場所です。

昭和43年(1968)頃撮影

222感動!
212面白い
200役立つ

コメント

ネットで検索してみました。フライングボート?チューリップ?いったいどんな遊具?と思っていたものの写真を見ることが出来ました。
それにしても、ムーンロケットや人工衛星塔などというネーミングには、当時の世界の動きが反映されているような気がしますね。

maomao さん [ 2012-03-18 ]

若戸博覧会の資料によれば、フライングボート、ムーンロケット、スカイバケット、チューリップ、人工衛星塔、観覧車、豆汽車があったそうです。チューリップと豆汽車は覚えておりますが、あとは記憶がありません。ちなみに、当時は若松の丸柏デパートの屋上や、小倉の井筒屋の屋上にもミニ遊園地がありました。尚ネットで「高塔山の遊園地」で検索すると、何件かヒットするようです。

九州若松 さん [ 2012-03-16 ]

九州若松さん、色んな資料を調べてくださって有り難うございました。映画情報も面白かったです。高塔山の遊園地、どんな遊具があったのかなぁ。観覧車?小倉城側にあったと噂の木製ジェットコースターみたいなもの?想像が膨らみます。

maomao さん [ 2012-03-16 ]

若松市史によるとロープウェイの事業開始は、昭和33年8月1日となっています。また北九州市年表によれば、高塔山ロープウェイ運行休止は昭和45年11月1日となっています。若戸大橋の開通に伴って若戸博覧会がありましたが、高塔山の遊園地は、この時開園したのではなかったでしょうか?廃止の時期も含めて、手元の資料には記載がありませんでした。あの時自衛隊の戦車とジェット機が展示してあり、実物を見て興奮した記憶があります。尚、東宝の「宇宙大怪獣ドゴラ」で、実写とミニチュアのロープウェイ、若戸大橋、藤ノ木貯炭場等を見る事ができます。

九州若松 さん [ 2012-03-16 ]

高塔山が昔は高頭山と書かれていたと言うことは、知りませんでした。高射砲が設置されていたような時代もあったんですね。

若戸大橋が出来た頃でしょうか・・・。若戸博覧会(?)というイベントがあったという話をきいたのですが、遊園地やロープウェイと関係有りますか?

maomao さん [ 2012-03-15 ]