北九州市 時と風の博物館

日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。

現在の登録件数

3563

山頂にある上宮白山神社の祠です。

小竹の白山神社

中腹にある熊野神社の社殿です。
かつて阿弥陀堂があった場所です。
小竹の白山神社は山鹿城主麻生兵部大輔が、宇都宮の白山権現を勧請したと伝えられているそうです。白山山頂にある上宮が白山神社、中腹にある下宮が熊野神社ですが、両宮共通称白山神社と呼ばれています。元々神仏習合であったため、江戸期までは境内に安養寺がありました。明治になって神仏分離令が出され、安養寺は廃寺となりました。この時康暦二年(1380)の追銘がある銅鐘は、島郷八十八ヵ所の札所である阿弥陀堂に安置されましたが、昭和45年(1960)に盗難にあい、現在も行方不明です。もしどこかに現存しているのなら、是非とも返していただきたいものです。