北九州市 時と風の博物館

日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。

現在の登録件数

3553

木屋瀬宿記念館のひな人形

平成26年2月15日(土)~3月31日(日)まで
『長崎街道ひなまつり』として、ひな人形が展示されている
木屋瀬宿記念館内の“みちの郷土資料館”を訪れました。
受付を済ませると、スタッフの方から
撮影はフラッシュを使用しないでくださいといわれ、
はいと約束して中に入ると、ひな人形は、
やわらかい光をあびて、やさしい色に包まれていました・・。
それぞれの人形の表情をひととおり見た後、
周囲をみわたすと、“資料館”の名にふさわしい
ひなまつりの起源に関する説明や、
段飾りの登場人物について、
三人官女の真ん中の人形は、眉がなく、
これは、昔、結婚した女性は眉を剃って
お歯黒をつける習慣があったことから、
この女性だけ結婚しているといったものなど、
様々な登場人物に関する説明が掲示されていました。
7段かざりのひな人形を眺める機会が減りつつある昨今、
このまちの将来を担う、元気いっぱいのちびっ子達に
ぜひとも見せたいなぁって、感じました。