北九州市 時と風の博物館

日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。

現在の登録件数

3550

菅生の滝の雪化粧

朝から雪が舞い降りる2月のある日、
雪化粧をした菅生(すがお)の滝を眺めようと、
その方向に向かいました。
滝へ向かう道は、どこも雪で真白になり、
石でできた“菅生橋”は、厚い雪が覆いかぶさり、
そこから先は、積雪が深そうな予感を与えてくれました。
歩く途中、“ザザザザッ”といった音が様々な場所から聞こえ、
それに目をやると、木の先の枝や葉に降った雪が、
しだいに積雪量が増え、重さが増したことで、
枝葉を下に押しつけるような強さで、
上から下に流れるように落ちていました。
そんな“滝のような雪”を眺めつつ、
ゆっくりと前に進むと、“たきみばし”に到着しました。
その前に広がる光景は、樹氷に囲まれた木々の間、
高い位置からまっすぐと下に向かい流れる滝。
積雪や氷といったお化粧に塗られ、
静かに流れ落ちる滝の水を前に、
自然の力強さと美しさの両方を感じました。