北九州市 時と風の博物館

日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。

現在の登録件数

3563

熊手通りのひな人形

3月3日の“ひなまつり”を前にした日、
八幡西区の熊手通りにある“水口呉服店”で、
様々なひな人形が展示されていると、
新聞に掲載されていることを思い出し、
立ち寄って見ることにしました。
JR黒崎駅から歩いて、熊手銀天街の方向に進み、
お店に到着すると、新聞で紹介されたお人形のことを伝え、
店内に展示しているそれを見せていただくことに。
当初、静かに鑑賞するつもりでしたが、
ご主人が、それぞれのお人形のことをやさしく、かつ、
ていねいに説明してくださったおかげで、
お話を聞くうちに、楽しい気分になったので、
写真撮影と投稿の許可をいただきました。
なかでも、
物が少なかった戦争中に座布団にかざりをつけ、
子どもたちを喜ばせた“ふとんびな”や
お客さんの中に100歳が近い、元気な高齢者の方がいて、
その方が手作りしたもの、
明治時代、左の位置が高位な者の場所といった伝統により
作られたもの、など、貴重なものがありました。
そして、毎年、“ひなまつり”を過ぎると、
次の年まで、保管されているとのことでした。
来年は、どんなお人形が仲間入りしているのやら、
帰り際にそんなことを考えながら、
のんびりと近隣商店街を探索して帰りました。