北九州市 時と風の博物館

日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。

現在の登録件数

3550

珍しく貨物を曳いて二島駅を出発するC5552。

蒸気機関車C55

主連棒を外され吉松へと回送されるところです。
現在吉松駅側に静態保存されています。
かつて若松機関区にいたC5552です。スポーク動輪が美しく、パイフィックの
女王と呼ばれていました。戦後の昭和25年(1950)6月に転入したC51から
続いていた若松のパシフィックでしたが、昭和47年(1972)3月のC55の転出で、
幕を閉じました。尚表示がおかしかったので、一旦削除して再度UPしました。