北九州市 時と風の博物館

日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。

現在の登録件数

4060

北九州空港開港8周年

北九州空港が、平成26年3月16日(日)に、
“開港8周年”を迎え、当日、イベントとして開催された
“感謝祭”を見学してきました。
旧空港に比べ、早朝から深夜便まで充実していて、
圧倒的に利便性が増したと思う反面、
8年の経過に、“あれからもう・・”
といった、時の速さに驚きを感じます。
この日は、操縦士や客室乗務員などが訓練を行う
スターフライヤーのトレーニングセンターや、
今年の1月に完成した飛行機の格納庫などの
普段、“関係者以外立入禁止”場所を見学させていただき、
黒を基調とした機内同様の“クール”な訓練施設と、
外見からの印象以上に広い格納庫は、予想外でびっくり。
見た目と中身は、まったく違うんですね・・。
そんな、様々なことに驚きを感じ、
空港ビル館内に向かうと、出発ロビー前で、
新日鐵住金マンドリン合奏団によるマンドリンの演奏が、
“そよ風”のような、やさしい音を発し、
あたたかく、周囲に広がっていて、
うっとりとした気分で聞き入ってしまいました・・。
空港機能を維持したまま行われたイベントで、
多くの家族連れなどが、
はしゃぎ、くつろいでいる姿を前にして、
アットホームで親しみやすい空港だなぁって、
これまで以上に、身近に感じました。