北九州市 時と風の博物館

日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。

現在の登録件数

3547

昭和46年(1971)頃撮影

藤ノ木貯炭場の高架桟橋 その2

同上
同上 高架桟橋の中はこのような構造でした。
若松へやって来た石炭は、操車場を経由してこの高架桟橋へ運ばれてきました。