北九州市 時と風の博物館

日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。

現在の登録件数

3547

昭和46年(1971)頃撮影

藤ノ木貯炭場のガントリークレーン その2

同上
同上
昭和45年(1970)6月、日本炭鑛第6立抗で落盤事故が発生。昭和46年(1971)3月、ついに閉山されました。筑豊に残る炭鉱は、宮田町の貝島炭鉱だけとなり、石炭時代の終焉となりました。明治以降「石炭」と言う時流に乗って急成長した若松ですが、「脱石炭」という時流には乗り遅れてしまいました。