北九州市 時と風の博物館

日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。

現在の登録件数

3547

藤ノ木貯炭場 その3

1992年頃撮影
昭和48年(1973)頃撮影
藤ノ木貯炭場は国鉄民営化に伴い高架桟橋等を解体撤去後、国鉄清算事業団の管轄下となり、長い間放置されていました。最近ある企業が買収し、一部が宅地として再開発されました。景気の悪化もあり当初の計画通りにはいってないようですが、有効活用されるのを期待しております。