北九州市 時と風の博物館

日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。

現在の登録件数

3550

城山緑地

雲の流れが早いと感じた梅雨の夕暮れどき、
西の空にほんのりと夕焼けがにじんでいたので、
なんとなく、昼と夜が交わる瞬間を眺めてみたくなり、
まちや工場の明かりが見下ろせる
城山緑地の展望台に向かうことにしました。
正面に広大な工場と天に向かう煙突、
左に黒崎のまちなみ、右に洞海湾、
空の色がダークカラーに、たそがれると、
眼下に、ともしびが広がってゆきます・・。
桜が開花した時に訪れた際は、
木の枝から、
あふれんばかりの花びらが風に揺られ、
まちの明かりに照らされていましたが、
今は、青々とした葉がその枝を覆っていました。
まちと工場のあかりが
とっても近くに感じられるこの場所から
それを眺めていると、
きっと、そのあかりが、
わたしの顔にも光をあててくれているはず・・。
でも、
昼間の太陽は、もっとあかるく
わたしを照らしているはず・・。
あしたも、光にあたって元気いっぱいに過ごさなきゃ・・。
展望台から眺めているうちに、
眼下のあかりが、
わたしを元気にさせてくれるような
不思議な力を感じました。