北九州市 時と風の博物館

日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。

現在の登録件数

3553

到津の森公園

8月の休日、
朝から降り続いた雨が
日が暮れる時間になって止み、
空がオレンジ色に染まるなか、
遠くから見えた観覧車が、
白色灯をつけてゆっくりと回転していました。
あれ・・、あっ、そっか~、
8月に入ったことで、到津の森公園の営業時間が
延長されたことに気がつきました。
“ITOZU  YORU  ZOO ~夜の動物園~”と題して、
開催されている同園では、
夜を楽しむためのカフェとして、
“森cafe”がオープン、といった案内版が
エントランスに設置されていました。
夜のカフェなんて、洒落た感じがしそう、
立ち寄ってみようかなぁ・・。
さっそく、入場券売場のスタッフの方に、
“森cafe”は、やっていますか?と聞いたところ、
“雨の影響で中止となりました・・”と、
残念な回答が帰ってきました。
だけど、カフェはなくとも、
夏の風物詩として、
夜の森の中と、遊園地のなごりを少し残す園内は、
十分に楽しむことができます。
ライオンの迫力は、昼と夜では全く異なり、
電飾で飾られた遊具は、
ドレスアップした紳士淑女を出迎え、
出発のときを静かに待ちわびるような姿をし、
ぬくもりある木の小屋のあかりは、
迷い込んだジャングルの中で光を発見したような
そんな不思議な気持ちにさせてくれます・・。
夏の夜だけの新たなお楽しみに、
とってもお得な気分になりました。