北九州市 時と風の博物館

日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。

現在の登録件数

3550

レトロ開発前の門司港駅

レトロ前の門司港駅

写真中央の貨物車は、「久リンカー」運搬専用の「ホキ」と呼ばれる貨物列車
今でこそ観光地、重要文化財となった門司港駅。 レトロ開発の前は、今噴水のある駅前広場には、タクシー乗り場がありました。
また、現在潮風号が走っている「北九州銀行レトロライン」は、鹿児島本線と臨港鉄道で、田川から田野浦埠頭までセメントの原料となる「クリンカー」を運ぶ路線として活用されていました。