北九州市 時と風の博物館

日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。

現在の登録件数

3550

松並木

曲里の松並木

桜の紅葉と松並木
松葉の中を啄む鳩
長崎街道は小倉の常盤橋を起点として長崎まで約57里(224Km)ほどの距離があり、宿場の数は25置かれていました。日本の街道としては唯一海外との貿易が盛んでした。
その長崎街道の曲里には江戸時代からの名残である松並木があります。
この曲里の松並木には江戸時代から生息している松の木が2本あります。古(いにしえ)の異国の文化を見てきた松の木があるのです。
是非訪問して見つけてみていただきたいと思います。
写真は2014年11月の晴れの日の長崎街道、曲里の松並木です。松の木の近くには桜の木もあり、春は桜色に染まり松が引き出されます。
秋になると、桜の葉が色づき、松の針のような葉が街道を覆い、秋色を一層引き立てています。
松葉を歩くとささやかにサクサクと音がします。ちょっぴり冷たい秋風が枝と葉を揺らしサラサラと音が聞こえ、癒しの瞬間を味わうことができるのです。