北九州市 時と風の博物館

日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。

現在の登録件数

3558

企救丘を発車した復刻版列車

復刻版モノレール

ブルーライン決定説明パネル
団地前を走る復刻版列車
北九州モノレールは今年で30年を迎えましたが、昨日開通当時のデザインの
モノレールが復活しました。
現在は広告用のラッピング列車が多く走っていて、当時の物は見ることが出来ませんでした。
初めて知ったのですが、開通前4種類のデザインがあって市民の投票が最も多くあった、
クリーム地にブルーのラインに決定したとのことです。
それは復刻版の車内パネルに説明が記載されています。
シートも今はピンクですが、ブルーです。あれ~いつ頃変わったのかな~思い出せません。
快適で時間が正確、そして都市の景観にも寄与しているモノレール、大勢の人に利用して欲しいですね。