北九州市 時と風の博物館

*日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。
展示品・コメントを登録するには会員登録が必要です。

現在の登録件数

3531

歴史・伝承のこと

あの頃の葛葉

昭和46年頃(1971)撮影の葛葉付近です。現在のどの辺になるのか、さっぱりわかりません。バックに写っているのはガスタンクでしょうか?日本セメントの門司工場が稼動中の頃で、D51が貨物の入れ替え作業等をやっていました。
201感動!
197面白い
179役立つ

コメント

「もんしろちょう」さんは、蒸気機関車の写っている白黒写真のことを言っているのですね。
私の6月13日の投稿は、同じ白黒写真についてコメントしたものです。6月14日の投稿は、6月13日のカラー写真についてコメントしたものです。

kikkun さん [ 2012-12-22 ]

もんしろちょうさんは、煙突の形で見分けられるんですか。さすが地元中の地元…
kikkunさんの反論検証があると盛り上がりますね(笑)

今と昔を楽しめるのも九州若松さんの写真のお蔭ですね。

幸ちゃん さん [ 2012-07-31 ]

風と時の博物館を鑑賞していると「あのころの葛葉」が目にとまりました。
 写真の場所を推測されているようですが、残念ながら、これはガスタンクで日本セメントの煙突ではありません。現在のナフコさんより少し小倉側で、小森江東小学校の真下から見ると少し門司港よりになる旧葛葉仲濱町か旧山口町あった西部ガスのガスタンクです。

 日本セメントの煙突は、「九州若松さんのコメント 6・13の写真」のようにスマートな煙突でした。

 ちなみに、私は、昭和28年から30年間白木崎に住んでおり、白木崎、葛葉、7号岸壁、貯炭場はわれわれの遊び場でした。

もんしろちょう さん [ 2012-07-31 ]

 すごい!kikkunさん鑑定士みたいです(笑)

幸ちゃん さん [ 2012-06-15 ]

これは、日本セメント門司工場の煙突です。
現在は、工場はすべて撤去されて更地になっています。
白木崎の踏切の辺りです。

写真の撮影場所は、煙突と背景の山から推測して、昔、浅野スレートがあった場所ではないでしょうか?
白木崎の踏切から100~200mくらい大里寄りでしょう。

kikkun さん [ 2012-06-14 ]

 写真だけで推察できるとはすごいですね!葛葉駅は知りませんが、ナフコの辺りと言われればそんな気がしてきます。

くにちゃん さん [ 2012-06-14 ]

葛葉には貨物駅があったんですね。葛葉に行ったのはこの時だけで、あまり門司には縁がありませんでした。ちなみにこの写真は平成9年3月に、ハチロクが門司港~門司間を特別運行した日に撮影した日セメ門司工場跡ですが、これも今の場所がわかりません。確か焼酎工場の近くだったと思うのですが。

九州若松 さん [ 2012-06-13 ]

場所について、私の考えを書きます。
・門司区の葛葉であることはわかっている
・鹿児島本線の横に、数本のレールがある
・C11が貨車の入れ替えをしている
・山側にタンクがある
ことから、現在、ナフコが立っているところ辺り、昔葛葉駅(貨物駅)があったところと推測されます。

ちなみにC11は、1970年頃までに、葛葉駅(貨物駅)と片上(専売公社の倉庫や出光の石油タンクなど)の間で、朝・昼・夕の3回ほど、貨車の入れ替えをしていました。
C11の後は、DD13に変わりました。

kikkun さん [ 2012-06-13 ]