北九州市 時と風の博物館

*日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。
展示品・コメントを登録するには会員登録が必要です。

現在の登録件数

3531

歴史・伝承のこと

あの頃の若戸大橋 その2

戸畑側橋台付近です。

昭和44年(1969)撮影の第2弾です。

多分若松側の料金所だと思います。

かなりピンボケですが、懐かしの若戸スポールです。

155感動!
154面白い
148役立つ

コメント

 そんな画像も載せることができるんですか!
 投稿内容以前に感動でいっぱいです。

 今度ネタ探してやってみます。

幸ちゃん さん [ 2012-06-16 ]

おや、そんなのも持ってましたか。相変わらず物持ちが良いようで。それにしても、ついにやって来ましたねぇ。見つからないように隠密活動していたのですが・・・・。何かお宝ねたがあったらUPして下さい。

九州若松 さん [ 2012-06-15 ]

こんなのがありました。
  • 何度渡ったかは覚えてませんが。

kappatown さん [ 2012-06-15 ]

九州若松さん、

ありがとうございます。歩行者用の料金所なのですか。売店と食堂も併設しているというのはなかなか立派ですね。
この自体の建造物はなかなかシンプルで正直なので好感持てます。

k さん [ 2012-05-28 ]

軽自動車が30円でしたかねぇ。確か普通車は150円だったと思います。人は10円で自転車が20円だったような。多分その頃の若戸渡船と同じ料金だったと思うんですが。北九州市が買わなければ、今頃無料になってたんですけどねぇ。ホントに余計な事を。

九州若松 さん [ 2012-05-24 ]

九州若松さん、これまたびっくり情報を有難うございます。若戸大橋の人道が有料だっただなんて、初めて知りました。その頃の車の通行料金や人の通行料金がどれくらいだったかご存知ですか?

maomao さん [ 2012-05-24 ]

開通当初は人道も有料でした。写っているのは人道用の料金所です。車の通行量は予想以上に伸びたようですが、人の通行量は予想以上に減ったようです。結局経費削減のため、人道は無料になりました。写真を拡大してみましたが、確かに売店がありますね。一緒に写っているのは、多分食堂だと思います。ただ、記憶にありません。

九州若松 さん [ 2012-05-24 ]

Kさんのコメントを読むまで気付いていませんでしたが、言われてみると、なんの料金所なんでしょう。昔の若戸大橋が歩けた話はもちろん知っていますが、通行料は無料だったと認識しているのですが。となると、若戸博(?)関係のもの?それとも実は有料の時期があった?
件の写真を拡大すると、右の方に「売店」という文字も見えるようですね。なんだかテーマパークの入り口みたいです。

maomao さん [ 2012-05-24 ]

この料金所はなんの料金所でしょうか?
かっこいいですね。

k さん [ 2012-05-23 ]