北九州市 時と風の博物館

日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。

現在の登録件数

3547

門司港駅のホームです。

28627

昭和48年頃(1973)撮影 夜の若松機関区です。
昭和49年頃(1974)撮影 一休車となっています。
門司港駅のホームに展示してあるSLの動輪。若松機関区にいたハチロク28627の動輪です。若松にいたハチロクの中で、唯一門デフを装備していました。元々早岐機関区のカマで、昭和47年3月の無煙化に伴い、若松へ転属してきました。若松にいたのは廃車されるまでの2年ほどで、晩年を香月線や室木線で過ごしました。展示するのなら門司港ではなく、早岐の方がいいかもしれません。