北九州市 時と風の博物館

日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。

現在の登録件数

3552

ペーパークラフトの匠 松岡さん

小倉の匠~ペーパークラフトの達人~

干支のペーパークラフト作品
「絵は難しくないですよ」とすぐに書いてくださいました
冬の京町銀天街を歩くと毎年大きな干支のオブジェを天井にご覧になると思います。
今回は、その製作者のクラフト作家 松岡忠夫さんをご紹介します。
アトリエは、京町銀天街のビルの3F。アーティスティックな空間を思い、
緊張して伺いました。。
中から出てこられたのはやさしい笑顔の松岡さん。
ご自身の作品を紹介してくださいました。
紙で出来たかわいい首をかしげる動物達(小型ソーラーパネルで動いています)。
たくさんの瓶を叩く列車(音楽を奏でています)。
大きな干支のペーパークラフト。
くるくる回りアニメーションの原理で動画を見せる作品。
「ここは、おもちゃ箱のようでしょ」と松岡さん。
すべてが身近な素材やアイデア、あたたかさあふれる作品ばかりです。
松岡さんはどうしてこのお仕事を始められたのですか?
とおたずねしました。
4つの理由があるとのこと。
一つ目はまちづくり。このまちを元気にしたい。
二つ目は障害者の方の支援。北九州市には、障害者作業所がたくさんあるので
売上げアップに繋がる場所の提供や支援をしたい。
三つ目は次の世代を育てたい。イラストやクラフトの講師として指導をされています。
四つ目は自分の作品作り。もっとご自分の作品を作る時間がほしかったそうです。
ほっこりしたやさしい笑顔の下に熱き思いを秘めていらっしゃったのですね。
とても不器用な私でも作ってみたいと思う。
ほっこり松岡さんにまた、おしえてもらいたいなと思う。
そんな魅力にあふれるステキな方でした。
小倉のまちはステキな出会いがいっぱいです。
小倉北区京町のアトリエ 『自由空間』 是非訪れてみてください。