北九州市 時と風の博物館

日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。

現在の登録件数

3563

シャンパンサーベラージュ

来ちゃり、食べちゃり、食市食座

パルメジャーノレッジャーノのパスタ
盛況!軽トラ市
平成24年2月17日~26日に開催された小倉のまちなかを
賑わすイベントの一つ食市食座のご紹介をしたいと思います。
今年で12回を迎えたこのイベント。
始まりは、2001年にさかのぼります。
1年のうちで一番寒さを感じる2月、
お客様にもっと小倉のまちなかに来て、
楽しんでもらおうと企画されたのだそうです。
オープニングには、全日本司厨士協会の松尾一利シェフによる
シャンパンサーベラージュ
(サーベル(刀剣)でシャンパンの口の部分を勢いよくカットする演出)にて始まります。
このなかなか見られない難しい技に会場のみなが緊張!
成功の喝采にわき、シャンパンが振舞われ、食市食座は開幕します。
このイベントの注目すべきは、
ほとんどの店頭販売は300円と激安なこと!
そして、この値段は12年間変わっていないそうです!!
普段入ったことのないお店の味をお手頃価格で頂くことができたり、
ホテルシェフが提供するの大きなチーズの器で作られる
パルメジャーノレッジャーノのパスタなど目で見て楽しい、
食べて美味しい、そんなイベントとなっています。
さらに今回は、軽トラ市といって車を店舗として雑貨や食品を販売、
「みんなの笑顔と食で日本を元気に!」のキャッチフレーズのもと、
釜石からの参加もあり、海産物や日本酒などを販売、
みごと完売しました。
また、イベントに食事を提供する
北九州調理製菓専門学校の生徒さん達は、
始めは「いらっしゃいませ」や「ありがとうございます」が
なかなか言えず、接客に苦戦していたそうです。
しかし、買ってくださる方の『美味しかったよ』、
『ありがとう』の言葉に感動、今では元気な声であいさつし、
このイベントを楽しみにしているそうです。
商店街の方たちも、このイベントを通して、
親交を深め、あいさつをかわす程度の顔見知りだったのが、
今ではみなで協力し合う仲間となったそうです。
食が取り持つ多くの絆、小倉のまちなかは、
おもてなしの心と笑顔でいっぱいです。
そして、まだまだあります。あなたの知らない美味しいお店。
みなさんも”食市食座”ののぼりを目指して、小倉のまちにお越し下さい。
笑顔とおもてなしと美味しいものにあふれるまち小倉、ステキでしょ☆