北九州市 時と風の博物館

日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。

現在の登録件数

3550

かつて寮があった場所は、現在若松体育館の駐車場になっています。

八幡大空襲

左端の鉄筋コンクリートの建物が古前寮でした。(昭和46年頃撮影、再掲載)
寮の前付近で撮影。左端の保線区の左横にありました。(昭和46年頃撮影)
長崎の原爆は当初小倉に投下予定だったそうですが、天候不順のため急遽長崎に変更されたそうです。有名なエピソードですが、前日の8日に八幡大空襲があった事は、あまり知られていないようです。この時風に流された焼夷弾が若松市街地を襲った事は、更に知られていないようです。西本町一帯、藤ノ木東二島方面、浜埋立地が攻撃を受け、死者81名、重傷者43名、全焼家屋926戸等の被害があったそうです。この時若松機関区から消防機関車9610が出動し、古前鉄道青年寮に放水して焼失を防いだそうです。昭和49年に門鉄が発行した「九州の蒸気機関車」にそのエピソードが掲載されています。「民家から逃げ出した15才くらいの娘が炎に恐れて、ポロポロ涙を流していた姿が印象に残っている」ともあります。近くの某金物店も全焼し、とけた金物が固まって残っていたそうです。