北九州市 時と風の博物館

日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。

現在の登録件数

3558

暑さしのぎにビル壁に伸びたつるに実ったゴウヤが目に浮かぶ

センリュウ ザ 京町

夏の恋が終わり、秋の恋に始まる予感と浮気性が気にかかる
長寿国日本。敬老行事は目白押しだが、雛団には元気なお年寄りがいっぱい
小倉北区の京町通りを見上げると川柳を書いた垂れ幕がたくさん下がっている。
急ぐ人、下を向いて歩く人は気がつかない。
ノンビリと上を見て、歩いて、得した感じ。
この垂れ幕の書かれた川柳を紹介しよう。
窓の外 ゴーヤがひとつ 秋の空
さあつぎも 探しに行くぞ 秋の恋
敬老会 ひな壇若い 喜寿米寿
名月を チラ見し団子 ガン見の子
何回も 許してくれる 父と母
引退を 決めた主将の 怪気炎
月と星 恋が終わって もう見ない
思い出に やきもちを焼く 恋最中
取りにくい 球を投げあう 倦怠期
ひとりっ子 投げて拾って 笑顔かな
などなど味わい深い川柳ガ書かれている。
また、垂れ幕に書かれた筆文字も心をくすぐる。
川柳の作者は数人いるようで、季節季節で新作が出るみたい。
現在は秋がテーマの作品のようだが、冬、年末に向けた、新作の提示を楽しみにしている。