北九州市 時と風の博物館

日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。

現在の登録件数

3553

嵐山と鯉のぼり

嵐山

徳力嵐山口のモノレール
小倉南区に嵐山という地名があります。
嵐山の由来は1602年小倉城を築いた細川忠興が、徳力、長行、徳吉を
流れる紫川とその沿岸の山の風景が、京都の嵐山に似ているとして細川氏は
この地が気に入り京都の嵐山から桜を取り寄せて、植えたと伝えられています。
その後山は小嵐山と呼ばれるようになりました。
確かに似ていると思います。
現代では両岸の道路はウォーキングコースとなり、4月からGW期間中に川面
の上を鯉のぼりが、泳いでいます。
近くには都市モノレールの徳力嵐山口駅があり、通勤、通学に至便な地域です。
今回は嵐山とモノレールのある風景スケッチをUPします。